脱毛

ノーノーヘアは「脱毛」器?

画期的な家庭用脱毛器として、通販番組などでも多く取り上げられていたノーノーヘア。
家電量販店などでも手軽に購入することができます。
ですが、これは果たして脱毛器だろうか。と首を傾げてしまう点があるんですね。

 

 

サーミコン式とは一体何か

ノーノーヘアの脱毛システムは、フラッシュ式でもレーザー式でもない、サーミコン式という独自の脱毛システムです。
オフィシャルの説明によると、ムダ毛を熱線で熱処理し、処理したムダ毛くずをバッファーで取り除くというケア方法だそうですよ。
熱が毛根に伝わるので、長期的にケアを続ければ脱毛できるということなのです。
ケアの間隔は2〜3日に1度を推奨。
長い目で脱毛ケアを続けてみましょう。とあります。

 

 

ムダ毛を熱処理すると脱毛できる

フォローする要素がまったく見つからないので、辛口にダメ出ししてしまいますが、この原理で脱毛は不可能です。
体毛は、毛母細胞という毛を生み出す細胞がある限り、何度でも発毛再生してきます。
フラッシュ式やレーザー式脱毛器は、この毛母細胞を少しずつ破壊してゆくので、脱毛効果があるわけなのですが、ノーノーヘアのサーミコン式は、ムダ毛の表面を熱で焼き切っているだけなので、一時的な除毛にすぎませんね。
実際、2〜3日に1度のケアというのは、シェービングと変わらない頻度ですよね。
毛根やその周りの毛母細胞にまで作用するほどの熱を加えるということは、すなわち深い火傷ということです。
皮膚表面が無傷な程度の熱処理をいくら長期間続けたところで、脱毛の効果はまずないといえるでしょう。

 

 

モデルチェンジが激しい

現在、オフィシャルサイトに掲載されているメインモデルは、ノーノーヘアスマートエクストラ。
価格は3万円にちょっと欠ける程度です。
その他にもメンズ向けの機種があったり、いくつかの種類があるので歴代のものを調べてみました。
初代から数えて、ノーノーヘアは実に9種類も発売されているんですね。
内容や方式は変わらないので、表面上のマイナーチェンジも含まれますが、初期の機種がまだ販売されている量販店などもあります。
現行機種を定価で購入すると3万円弱ですが、型落ち版であれば1万円を大きく割り込んでいるというものも存在していました。
脱毛効果はさておき、除毛器として購入するというのであれば、使用方法も効果もほとんど現行のものと変わりはないので、旧機種を探してみるとお安く済むかもしれませんね。


このページの先頭へ戻る