脱毛

シェーバー人気ランキング

Schick イントゥイション

 

ジレット

シェーバーでの脱毛とは

簡単シェーバー除毛

ここでは、シェーバーでの脱毛についてご紹介しています。脱毛を簡単に実現してくれるシェーバー、面倒な手間のかかる脱毛は嫌だけど、カミソリ処理はちょっととお考えの方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

シェーバーって何?

シェーバーというのは、時間を気にせず好きな時に気軽に家でお手入れができる、家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器は、どれもムダ毛を剃り落すものなのですが、カミソリの刃が直接お肌に当たらないので痛みはもちろんなく、またカミソリで剃るよりもお肌に負担をかけず、深剃り防止用の機能までついていたりします。カミソリ負けをしてしまう方でも、シェーバーなら大丈夫なんて方も!また、外出する前の短い時間にささっと処理できるのも、シェーバーの大きなポイントです。もちろん、シェーバー自体の価格もだいたい2000円台からとかなりお得です。 ただ、お肌の表面に生えているムダ毛をカットするだけなので、1週間に2回程度のお手入れが必要になるというデメリットも。また、永久脱毛効果を希望される方には、お勧めできません。

 

シェーバーを使用する際に注意したい点

シェーバーを使用する際には、やはり注意しないといけない点もあります。ここでは、一般的なシェーバーで言われる注意点について触れておきますね。

 

アトピー性皮フ炎、湿疹など皮フ疾患のある方は使用をしないでください、またアレルギー体質の方、化粧品、衣類、金属等にかぶれやすい体質の方も使用はしないでください。
化膿しやすい方には、お勧めできないそうです。
静脈りゅう(瘤)、糖尿病、血友病などの方にも不向きだそうです。
出血の止まりにくい方は使用をしないでください。
脱毛(毛抜き、脱毛器、ワックスなど)によって、肌にトラブル(化膿や炎症など)を起こしたことがある方は、使用をしないでください。脱毛によりお肌を傷つけたり、敏感になったり、炎症や出血などの原因となることがあるそうです。
生理前、生理中、妊娠中、産後(約1カ月)の方はお肌が不安定なので使用はやめておきましょう。
日焼けしたあとのお肌には負担が大きすぎるので使用しないでください。
体調のすぐれない時や肌・身体に異常を感じる時は、お肌が敏感になったり、炎症、出血、痛みの増加などの原因になりえますので使用をしないでください。
傷、湿疹、ほくろ、あざ、いぼ、吹き出物などがある部位には使用しないでください。
顔・外陰部およびその周囲・太ももには使用しないでください。
ヒジ・ヒザや内側など、皮フのたるみやすい部位⇒肌を傷つけたり、炎症や出血などの原因になります。



このページの先頭へ戻る