脱毛

エスピルの脱毛器はどんなの?

ギリギリ5万円台と、平均価格よりも若干お高いかな。という印象の家庭用フラッシュ脱毛器エスピル。
これだけたくさんの機種があると、特徴を見つける方が大変になってきますが、何か特筆すべきところがあるか、探りを入れてみます。

 

 

良くも悪くも平均値

約6万円という価格は幾分高めという印象ですが、それは最近になって安価で高性能な脱毛器がバンバン発売されるようになったからですね。
エスピルの発売は2011年ですので、現在よりも脱毛器の平均価格はもう少し高かったと思います。
その中では、平均価格の脱毛器だったのではないでしょうか。
脱毛器も、時代に合わせて価格を変えたりモデルチェンジをしているものが多いですが、エスピルは発売当時から何も変わってはいないようですね。
それでも、高機能な脱毛器が増えた現在でも十分通用するだけの効果はあるようです。

 

 

脱毛効果はなかなか高い

エスピルの段階調節は5段階。
現在は珍しくなくなったフェイシャルケア機能は搭載していない、純粋な脱毛器です。
照射面積も広めで、ショットごとの間隔も短く、1度のケアにかかる時間は少ないですね。
ケア間隔も2〜3週間に1度を推奨しているので、家庭用脱毛器のケア頻度としては少ないと思います。
ムダ毛が減ってくればケア間隔はもっと長くなりますから、手間もかからなくなりますし、効果が目に見えるまでの期間も早いといえると思いますよ。
オフィシャルサイトには、全然痛くないよ。と記載されているんですが、実際に使用された方の口コミですと、やはりそれなりの刺激や衝撃はあるようですね。
出力の段階調節ができますので、弱めで撃ってみて問題なければ少しずつパワーを上げていく。という使用方法が無難だと思います。

 

 

コストパフォーマンスはもうひと頑張り

エスピルのカートリッジですが、レベル1の照射で8,000回。パワーを上げて5,000回が目安のようです。
カートリッジのモチとしては悪くないですし、それほど残量を気にすることなくケアに集中できると思うのですが、替えのカートリッジの価格が6,300円なんです。
本体も価格もモデルチェンジをしていないので、発売当初のままだと思うのですが、現在だと若干コスパは良くないかな。と思わざるを得ません。
脱毛器としての機能も脱毛効果もしっかり期待できるものですが、競争相手が強豪になってきている今日この頃だけに、価格帯をもう少し見直してもらえると上位機種に食い込んでくる気はしますね。


このページの先頭へ戻る